© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

ECサイトでコンテンツマーケティングを活用する2つの方法


2015年の経済産業省の発表を見ると、2014年の国内BtoCのEC市場は12.8兆円、前年比14.6%増で推移していることをご存じですか?

経済産業省発表資料

一説によると2020年には20兆円になると言われていて、EC市場はまさに急成長中です。しかも驚くべきことに、全商取引に占めるEC化率はまだ数%にしか満たないので、まだ十分な伸びしろがあります。

しかし、当然ですが市場が成長しているということは、競合は増え続けているということです。 従来のWEB広告によるプロモーションも、一時に比べてそのCVRも10分の1程度まで落ちていて、いくら予算が潤沢にあっても効果には限界があります。

そういった背景もあり、2013年頃から、コンテンツマーケティングが注目を集めてきました。今回は、そのコンテンツマーケティングをECサイトで活用する方法をご紹介したいと思います。

1. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するメリットは?

先に述べたように、予算があってもWEB広告によるプロモーションには限界があります。
当然、バナー広告やテキスト広告は永続的に使いまわすことができず、広告枠の購入だけではなく、クリエイティブの刷新にも予算がかかり続けます。

一方で、コンテンツマーケティングは長期的な施策で時間がかかりますが、低予算でスタートできます。それに、コンテンツは資産として蓄積されるので、WEB広告のようにその都度ごとにコストをかけなくても良いメリットがあります。

そして、何より良質なコンテンツ通じてファンを作ることができます。競合が多いECサイトにおいて、ファンの心を掴むことはとても重要なことでしょう。

2. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用する方法

それでは、どのようにECサイトにコンテンツマーケティングを活用できるのかを、もうすこし詳しく見ていきたいと思います。 大きく分けて、コンテンツマーケティングの活用方法には2つのパターンがあります。

2-1.オウンドメディア+ECサイト

オウンドメディアという言葉を聞いたことがありますか? オウンドメディアとは、直訳すると「自らの(オウンド)メディア」ですが、その名の通り昨今では企業をはじめとする組織が持つメディアのことを指します。 メディアであれば、顧客の本来の目的は商品購入ではなく、「コンテンツを読む」ことですが、このオウンドメディアにECサイトを合体させることで、コンテンツを読みにきた顧客に、商品を購入してもらうのです。

2-2.ECサイトのメディア化

もう1つの方法が、ECサイトのメディア化です。ECサイトは元々メディアではないですが、商品説明というコンテンツを持っています。 実はこのコンテンツを魅力的にすることで、ECサイトをメディア化することができるのです。
たとえば、商品の歴史や背景や込めた想いを、伝えることが顧客にとって魅力的なコンテンツにできれば、それはECサイトですがメディアだとも言えますよね?
そうしてECサイトをメディア化することで、顧客をファンにして売上を伸ばすことができるのです。

3. ECサイトのコンテンツマーケティング事例

「そんなに簡単にいくものか?」と疑問をお持ちの方は多いかもしれません。当然、簡単ではありませんが、ECサイトでコンテンツマーケティングを活用している事例は、すでに存在します。

北欧暮らしの道具店』をご存じでしょうか?
EC業界が長い方であれば、誰しもが知っているような超有名ECサイトです。もちろん、商品の良さやECサイト自体のUI・デザインなど、特筆すべきことはたくさんあります。
ただ『北欧暮らしの道具店』を有名にした大きな理由の1つには、ECサイトでありながらコンテンツマーケティングを活用している点にあります。
実際にサイトを訪問してみるとわかりますが、トップページの右カラムに「読み物」というカテゴリがあります。
クリックすると、『http://hokuohkurashi.com/note』というURLに、一般的なECサイトでは見られないコンテンツがあるとわかります。
コンテンツでは、バイヤーが紹介する本当に価値のある商品が、写真つきで紹介されていたり、商品と全然関係ないスタッフの呟きのような文章があったりと、その内容は多岐に亘ります。 顧客は、商品を押し売りすることを嫌います。
このことは、皆さんも首を縦に振るはずです。誰しも、無理に商品を買わせようとする人に好感を持たないでしょう。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを通じて、商品だけではなく、商品に関わる人々をも身近に感じさせます。 『北欧暮らしの道具店』はコンテンツを通じて、顧客に『北欧暮らしの道具店』と商品、そしてスタッフをも身近に感じさせ、やがてファンにすることに成功しています。
顧客はECサイトであるにもかかわらず、商品購入だけを目的に『北欧暮らしの道具店』を訪れません。『北欧暮らしの道具店』はECサイトでコンテンツマーケティングを活用し、成功している事例の1つだと言えます。

まとめ|ECサイトがコンテンツマーケティングを活用していく

ECサイトのコンテンツマーケティング活用方法は、これから注目度が増していくでしょう。2015年に多くの企業がコンテンツマーケティングにチャレンジしましたが、まだ、ECサイトでの成功事例は多くはありません。
今まさに、多くのECサイトがコンテンツマーケティングを活用しようと、オウンドメディアの構築を検討している段階です。長期的な視点に立ちつつ、早めにチャレンジするなら今かもしれません。

関連記事

ECシステム一元管理システム7選

複数の店舗を持つネットショップ運営者にとって、在庫連携、商品ページ編集・登録、受注管理、売上集計、分析といった一連の業務効率化は大きな課題で…

コンテンツマーケティングとは?優良顧客を育てる7つの理由

昨今たいへんな注目を集めているコンテンツマーケティングですが、なかなか成果に反映されずもどかしさを感じている方も多いのではないでしょうか? …

これで納得!ECサイト価格調査・価格自動更新ツール比較8選

ECサイト運営において、価格調査に時間をかけていませんか? さらに調査後の価格を手動更新していたら、いったいどれほどの時間がかかってしまう…

コンテンツマーケティング成功のための10個のカギ

2016年がはじまり、コンテンツマーケティングにチャレンジする企業がより増えてきました。 しかし、いざコンテンツマーケティングを開始しても、…

型番商品ネットショップの粗利率を拡大する2つのポイント

家電・PC・カー用品などの型番商品ECサイトでは「粗利最大化」が最大のテーマです。 あなたのショップでも、仕入価格を下げる、在庫回転率を…

ページ上部へ戻る