© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

これで納得!ECサイト価格調査・価格自動更新ツール比較8選


ECサイト運営において、価格調査に時間をかけていませんか?
さらに調査後の価格を手動更新していたら、いったいどれほどの時間がかかってしまうでしょう。本当に時間をかけたい部分は別にあるのに、このままでは売上・利益が伸びずに事業縮小の危険性さえあるかもしれません。
効率よくECサイトを運営するには、価格調査・価格自動更新ツールを比較して、自社のECサイトに一番あったツールを導入するのが近道です。
今までさんざん手を煩わせた、めんどうな価格調査や価格自動更新には別れを告げましょう。そのための便利なツールがこの世には存在します。

■自社ECサイトに合う価格調査・価格自動更新ツールを活用しよう

ツールを選ぶ時に忘れてはならないのが、ツール開発の背景に必ず誰かしらのニーズが存在するということです。
そして、そのニーズは似ているようで微妙に違います。 なので、世間で評判が良いツールが必ずしも自社ECサイトに合うとは限りません。
たとえばモール出店なのか、独自ドメインのECサイトなのかで選ぶべきツールは変わってきますし、ECサイトの規模によっては価格自動更新の頻度が重要になるかもしれません。
大事なことは、ツールの特徴をしっかりと把握して自社ECサイトに合うものを活用することです。今から8つの価格調査・価格自動更新ツールをご紹介しますが、その点を注意して比較してみてください。
まずは8つのツールの中でも、一番おススメしたい2つのツールをご紹介します。


1.PriceChanger

 


http://www.price-changer.com/

▼主な特徴
PriceChangerは、価格自動更新・価格調査ツールの業界において、パイオニア的存在であるSpeed Sniperのクラウド版です。価格.com出品店で導入実績ナンバーワンを誇る機能と信頼性はそのままに、PC、タブレット、スマホ、どのデバイスからでも何人でも操作できることが特徴。大きくユーザビリティが高められています。
また、1位(最安)を基準とした自動更新設定だけでなく、2位以下基準の設定も可能で、最安で売り急ぐ必要がない品薄状態のときでも活用できます。運用次第でこれまで赤字処分していた商品も利益が出る価格で売ることができることもあるようです。
商品データは自動取得なので導入後すぐに使え、操作も簡単。在庫あり店舗だけを追跡する、特定のショップを追跡しないなど便利な機能も実装されている。
使い方や導入事例はウェブサイトをご参照ください。

▼対象サイト
価格.comと、以下いずれかのサイトと1対1の組み合わせになります。
MakeShop
ショップサーブ
EC-CUBE
※その他、独自ドメインのECサイトも可”

▼価格

・初期費用 50,000円〜
・月額利用料 40,000円〜
※ショッピングカートにより異なる


2. PRICE SERCH

PRICE SERCH

 


https://price-search.me/

▼主な特徴
PRICE SERCHの特徴は、対応しているカート・モールが多い点にあります。
以下に列挙していますが、ここまで網羅している価格調査・価格自動更新ツールはありません。 また利用者のニーズに合わせて細かいカスタマイズが可能で、一例を挙げると「価格調査時間の指定・予約」「価格の自動更新間隔を短縮」「過去の価格調査結果をCSVダウンロード」「楽天・Amazonのレビュー数取得」など、あなたのECサイトに合うオプションが豊富にあります。 「複数の独自ECサイトやモールの価格調査を行いたいけど、自動更新頻度は低くてもよい。」もしあなたにそのようなニーズがあれば、オプションで自動更新回数を追加できるので、自動更新は基本1日1回にして、複数ECサイトの価格更新をする選択肢はアリです。

▼対象サイト
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング
価格.com
DeNaショッピング
ヤフオク
比較コム
ポンパレモール
auショッピングモール
MakeShop
えびすマート
ショップサーブ
EC-CUBE
カラーミーショップ
Kaago

▼価格
おススメスタンダードプラン(商品1,000点コース)
初期費用50,000円/月額30,000円
※いずれも税抜
※その他のプランはHPにてご確認ください。


 ■価格自動更新・価格調査ツール比較8選のマトリクス図

ここまで、2個のおススメ価格自動更新・価格調査ツールをご紹介しましたが、ここで『価格更新頻度×独自ECサイトでの汎用性』の独自マトリクス図があるので、見てみましょう。
マトリクス図 右に行けば行くほど独自ECサイトでの汎用性が高く、上に行けば行くほど価格更新頻度が高いツールを示しています。
改めてSpeed Sniperを見ると、『価格更新頻度×独自ECサイトでの汎用性』の双方が高いツールですね。 あるいはモールでの使用を中心に考えるのであれば、その他のツールも候補に挙がります。自社ECサイトが求める最適なツールを、このマトリクス図も参考にしながら比較してみてください。
それではひきつづき、残りの6つのツールをご紹介します。


 


3. 価格.com 最安値自動取得 価格自動更新 ECサイト モール 連動システム

ec

 


http://www.dw-dev.com/kakakucom1/

▼主な特徴
主な特徴は価格更新の高速処理スピードにあります。(商品数によりますが最低1分間隔程度)HPでも謳っていますが、高速処理に特化して不要な機能は削いでいるので、シンプルなツールです。
さらに(比較的高額ではありますが)商品数に関わらず価格が一定という料金体系です。商品数が多く、価格の自動更新スピードを重視する方は検討の余地があるかもしれません。
ただWindows限定ツールなのでMacユーザーは使うことができません。この点、くれぐれも注意してください。

▼対象サイト
価格.comと、以下いずれかのサイトの組み合わせになります。
MakeShop, EC CUBE, FutureShop ColorMe Shop Pro おちゃのこネット WiseCart CS CART”

▼価格
初期費用 600,000円 月額費用  50,000円


4. RESEARCH AGENT

RESERCH AGENT

 


 

http://www.newstandards.jp/business/agent/

▼主な特徴
NEW STANDARD’S株式会社が提供するツールで、価格.comに掲載しているECサイト向けの価格自動更新ツールです。
価格の自動更新は10分間隔で、価格調査から価格自動更新まで一括で対応できる点が魅力です。

▼対象サイト
価格.com+以下のショッピングカート
カラーミーショップ
メイクショップ
ショップサーブ

▼価格
初期費用 300,000円 月額費用  30,000円 ※ともに税抜


5. ぷらりす

plraris

 


 

http://www.newstandards.jp/business/agent/

▼主な特徴
RESEARCH AGENT同じくNEW STANDARD’S株式会社が提供するツールで、楽天ショップ・Yahoo!ショッピング・Amazonに掲載されているECサイトの価格調査・価格自動更新ができるツールです。(RESERCH AGENTと同様、10分間隔での更新。) RESERCH AGENTと同様に月額費用が30,000円と手頃な価格ですが、初期費用が高額なので導入は慎重を期したいところです。 運営会社のNEW STANDARD’S株式会社は1972年創業の老舗なので導入が最適かどうか、知見があるはずです。
まずは問い合わせて感触を確かめてみましょう。

▼対象サイト
楽天市場
Yahoo!ショッピング
Amazon

▼価格
初期費用 300,000円 月額費用  30,000円 ※ともに税抜


6. IQura

IQura

 


http://www.sonosoft.com/iqura/

▼主な特徴
IQuraは価格調査ツールなので、価格自動更新ツールではありません。
まずはその点ご注意ください。
魅力としては月額4,000円という安価でしょうか。
まだ価格調査ツールの有用性に疑いがある方は、IQuraのような手頃な価格で試してみてから判断してもよいかもしれません。
無料のお試しツールもあるので、ECサイト運営初心者のあなたにとって手始めにはよいツールとなるでしょう。

▼対象サイト
楽天市場
Yahoo!ショッピング
Amazon
ビッダーズ

▼価格
月額費用 4,000円


7. 価格調査Quick

価格調査Quick

 


 

 http://www.kakakucheck.com/

▼主な特徴
価格調査Quickは楽天市場専用の価格調査ツールです。
楽天市場専用で、かつ価格調査のみなので、今回ご紹介しているツールの中では用途が限定されているといえます。
ツールを提供しているのは、株式会社いつも.という会社で、(社名がユニーク!)ほぼ口コミで過去7,000社を超える実績を持つ優良企業です。
EC支援業界でのキャリアも長いので、サポートの充実も期待できるでしょう。

▼対象サイト
楽天

▼価格
調査可能商品数500点のミニマムプランの場合
初期費用 30,000円
月額費用 19,800円 ※ともに税抜


8. 値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版

値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版

 


 

 http://www.dcsweb.jp/system01.html#tatsujin01

▼主な特徴
ECサイトの支援ツールとして打ち出しているのは、株式会社デーシーエスの『達人シリーズ』です。値付けの達人は、価格.comの価格調査ツールで、モール版はYahoo!・楽天・Amazonといったモールに対応しています。
CSVアップロードなど新機能も実装されているので、開発状況によって段々とツールが改善されていく印象があります。価格もお手頃なので、価格調査・価格自動更新ツールの初心者にとって導入しやすいといえるでしょう。

▼対象サイト
価格.com
メイクショップ
Yahoo! ショピング
楽天市場
Amazon
EC-CUBE
カラーミーショップ

▼価格

年額9,800円


まとめ|価格自動更新・価格調査ツールでECサイトの売上・利益の最大化を!

さて、8つの価格更新・価格調査ツールをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ECサイトの運営は顧客対応をはじめとする日々の雑務に追われて、なかなか集中すべきことに集中できません。
もちろん立ち止まることはできませんが、まずは時間がかかっている業務を分析してみましょう。
その際、もし価格調査・価格更新に時間がかかっていれば、今回ご紹介したツールをぜひ試してみてください。 新しいツールを導入することでECサイト運営を改善できれば、あなたが使える新たな時間が生まれるはずです。

釈迦に説法かもしれませんが、本来あなたが集中すべきは、売上・利益の最大化に直結する業務です。
その業務にかける時間をつくるためにも、価格自動更新・価格調査ツールといった新しいツールをよく吟味して選び、より効率よくECサイトを運営しましょう!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

・ECにコンテンツマーケティングを!

主要ショッピングカートシステム17徹底比較

・楽天やAmazonYahoo!ショッピング、本店サイトの商品登録や更新、在庫管理をそれぞれやらないといけなくて面倒。

ネットショップ一元管理システムで効率化。

ネットショップ一元管理システム比較

・価格.comと本店サイトの価格、それぞれ手動更新…

面倒だし時間のムダ

システムで自動化して売上・粗利最大化

 

関連記事

主要ショッピングカート徹底比較17選|コンテンツマーケティングをECへ活用?

すでにECサイトを構築している方、あるいはこれから構築する方も、常に「最適なショッピングカートはどれだろう?」と、頭を悩ませていませんか? …

ECシステム一元管理システム7選

複数の店舗を持つネットショップ運営者にとって、在庫連携、商品ページ編集・登録、受注管理、売上集計、分析といった一連の業務効率化は大きな課題で…

型番商品ネットショップの粗利率を拡大する2つのポイント

家電・PC・カー用品などの型番商品ECサイトでは「粗利最大化」が最大のテーマです。 あなたのショップでも、仕入価格を下げる、在庫回転率を…

コンテンツマーケティング成功のための10個のカギ

2016年がはじまり、コンテンツマーケティングにチャレンジする企業がより増えてきました。 しかし、いざコンテンツマーケティングを開始しても、…

コンテンツマーケティングとは?優良顧客を育てる7つの理由

昨今たいへんな注目を集めているコンテンツマーケティングですが、なかなか成果に反映されずもどかしさを感じている方も多いのではないでしょうか? …

ページ上部へ戻る