© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

機会損失が減り、売上・粗利1.5倍 価格自動更新システム


ネットショップの売上を大きく左右する価格更新作業。
面倒な価格調査〜自動更新をシステムで自動化し、効率化することが当たり前になりつつある。
今回は、主に価格.com掲載店を対象とした価格自動更新システムを導入したネットショプに、どのような変化があったかをインタビューした。
その結果、売上1.5倍、粗利はそれ以上アップ、大幅な業務効率改善に成功したことがわかった。

機会損失が減り、売上が1.5倍、粗利はそれ以上に!
価格調整のみならず他の業務にも相乗効果が生まれました

株式会社エルシーエス

新大久保 本店 マネージャー
山際 英彰 様

―― 普段はどのようなお仕事をなさっていますか?

弊社は携帯電話や家電、日用品など多岐にわたる商品を取り扱っております。商品買取をしているので、来店されるお客様への対応が多いですね。その接客および値付け、卸やネットショッピングの運営をおこなっています。

ECでは、価格.comの他、楽天やAmazon、Qoo10、ムスビーなどで展開しています。

―― 業務においてどのようなことに気を配っていらっしゃいますか?

ワークライフバランスですね。基本的には勤務時間内に作業を終わらせ、部下を帰宅させるようにしています。ですので、作業効率はとても重視しています。

―― PriceChangerの導入以前には、どのようなことにお困りでしたか?

以前は自社開発の価格自動更新システムを使用しいたのですが、当時のシステム開発担当者が外国の方で母国に戻ることになり、継続使用が難しくなってしまいました。

半年間ほど、手作業による価格調整をおこなっていました。それでは1円単位で設定するのは難しいため、「大体いくらまでは安くする」と設定し「売れたらラッキー」という感じでした。しかしそのようなやり方では粗利を得ることは難しく、また販売機会の損失がどうしても生じてしまいます。

人気商品の価格調整にしか注力できず、それ以外の商品に手が回らないというのも課題でした。基本的に、人気がさほどでもない商品のほうが粗利面では良い。人気商品の登録や在庫調整、価格調整に終始してしまい、すべての商品をまんべんなく対応するまでに至っていなかったため、その点をなるべくシステムで解決したいと考えていました。

―― PriceChanger導入のいきさつについて教えてください。

価格自動更新システムを再び利用するにあたり、PriceChanger、その他のシステム、自社開発の3つで比較検討をおこないました。

PriceChanger導入の決め手は、価格反映までのスピードですね。知り合いの営業さんからPriceChangerのスピードの速さを耳にしていたので、システムを導入するならまずリ・アライズさんに話を聞いてみたいな、と思いました。見積もりが出てくるスピードも速かったですね(笑)。

UIの使いやすさも魅力です。他のシステムはUIの使い勝手があまりよくなく、扱いにくかったのです。それならPriceChangerにしよう、と思いました。項目の数がスッキリしていて使いやすく、慣れるまでにさほど時間はかからなかったのではないかと思います。

―― 導入してから、どのような変化がございましたか?

売上に関しては、おそらく1.5倍以上にはなりました。

まず、今まで手をかけられなかった商品も価格.comで売れるようになったのは、大きなメリットです。これは声を大にして言いたいですね。

それに価格.comの価格調整に対応しなくてもよくなりましたので、その分の時間を別の業務にあてられるようにもなりました。買取の対応や仕入れ時の値付けなどにかける時間が増えましたので、取り扱える商品も増え、販売数量が増え、それによって粗利も上がる、という相乗効果がありました。その影響は価格.comにとどまらない、というのが魅力だと思います。作業効率が全体的にアップしたのが良かったですね。

―― 今後、PriceChangerや株式会社リ・アライズに期待したいことはございますか?

PriceChangerそのものに関しては、今のところ不満はまったくないですね。
弊社が連携している他ECサイトや、仕入れ価格に関しても、リ・アライズさんのシステムを導入していきたいです。

 

EC事業部
西村 早代 様

―― 普段はどのようなお仕事をなさっていますか?

基本的には店頭対応がメインで、商品買取の対応をおこなっています。携帯電話や家電の他に日用品の買取もしており、店頭にはお客様が頻繁にいらっしゃいます。
その合間に、価格.comの担当として価格調整や在庫管理をしています。

―― PriceChangerの導入以前には、どのようなことにお困りでしたか?

EC以外の業務も担当しておりますので、価格.comの価格調整は一日一回、一気に作業して終わり。1円単位での値段調整については、そこまで手が回らないという状況でした。

弊社の品揃えは200~300ほど。中でもApple社製品は値段がすぐ変わります。Apple社製品については細かくチェックするように注意してはいたのですが、1円単位で見ることはなかなかできず、割引クーポンで対応するなど試行錯誤を重ねていました。

しかしそのクーポンも、良い面もあれば悪い面もあります。例えば1,000円クーポンを発行したとして、商品価格が下がっているときにはいいのですが、価格が上昇してしまうと他と比べてとても安く売ることになってしまいます。そのようなときにすぐ対応できない、という点も課題でした。

―― トライアル利用時のシステム設定はいかがでしたか?

とてもわかりやすく、丁寧に教えていただきました。「まずこのページを見てください」というところから教えていただいたのですが、そこまでしてくださるシステム会社さんは他にないのではと思います。

他の価格自動更新システムもトライアル利用したのですが、マニュアルをぽんと渡されるだけ。「わからない場合は質問してください」という感じでした。その点、リ・アライズさんは設定を細かく教えてくださり、安心でした。

どのシステムでも、トライアル期間は一週間ほどしかありません。その間、商品登録を1からやり直すという余裕はなかなかとれませんが、PriceChangerなら価格.comに登録されている商品データをそのまま拾えます。商品登録を1からし直す必要がなかったのが大きかったですね。他のシステムでは、価格の上限・下限額の設定以外にも商品名など登録しなければなりませんでした。システム対応したい商品を厳選しても60品ほどありましたので、それらを登録し直すのは大変です。比較するまでもなく、PriceChangerに決めました。

PriceChangerは、使い勝手もよかったですね。サイトが非常に見やすく使いやすいです。サイトが見づらいとそれだけでもストレスになってしまいますが、わかりやすい作りで、最初から作業に取りかかりやすかったです。

APIと連動するようになってからは、価格反映までのスピードが速くなり、登録した商品が価格.comで1位や2位になるまでのスピードも速くなりましたね。

―― 日々の運用は、いかがですか?

最初のころは「変動が多い商品」「在庫が多い商品」のみPriceChanger登録して価格反映させていたのですが、今は余裕ができたので在庫僅少商品も入れています。今まで売れていなかったものも売れるようになったのがいいですね。「価格変動はあるがあまり人気ではない機種」も1位になるなど商品を手厚くフォローできるようになり、結果として売上にもつながりました。

「在庫が少なくなったので早く売り切りたい」という商品もありますが、以前は手作業でマイナス1円設定したとしても他社がすぐに追いついてきて……というように価格競争が長引くだけで、なかなか売り切ることができませんでした。今ではそのような事態に陥ることなく、デッドストックもなくなりました。

PriceChanger導入後は、商品が値上げしたときにも対応できるようになりました。クーポンの例でもお話したのですが、それまでは手動対応でしたので値上げが生じたことを把握できず、安い価格のまま売ってしまっていました。しかし注文が入った以上は、安い価格のまま売らなければなりません。そのように、間違った設定で安い値段のまま売るということがなくなり、利益の向上にもつながりました。

PriceChangerは、検索性が高いのもポイントです。「この商品だけ直したい」という場合にとても便利ですね。300ほどある商品の中から作業したい商品がパッと表示されないと、それだけもストレスです。ファイルを保存してアップデートして、という手間もかからず、その場ですぐに修正できるというのも素晴らしいです。

―― 導入してから、他にどのような変化がございましたか?

今まで価格調整にかけていた時間を、他の作業に回せるようになりました。それまではクーポン発行で対応していましたが、今ではまったく発行していません。

そもそもクーポンによる割引をしたとしても、お客様は価格.comの1位~5位くらいまでしかチェックしないもの。1,000円引きや500円引きのクーポンを発行しても、見てくださる方は少ないのです。それよりも1位にランクインさせるほうが、沢山の方に見ていただけます。システム対応によってそれができるようになったのは大きく変わった点ですね。

PriceChanger導入と同時に、iPadの取り扱いを始めました。iPadは秒単位で価格変動が生じます。そのタイミングに追いつくのが難しいため、それまでは他社に卸していました。価格自動更新システムによって細かな価格変更に対応できるようになり、売上もアップしました。

店頭で商品買取の対応をしていると、混雑時にはECにまで手が回らなくなるため、自宅に持ち帰って価格調整をすることもありました。混雑が続いて数日間価格対応ができなくなると、それだけでもかなりの機会損失になってしまいます。でも今では、そのような在宅作業もしなくなりました。どんなに忙しくても一回設定すれば価格変更に対応できるようになったので、作業がとても楽です。「設定したので、あとはPriceChangerにお任せ」という感じですね。

PriceChanger導入する前に価格調整にかかっていた作業を10としたら、今は4くらい。半分以下ですね(笑)。PriceChangerでサッと価格調整して、それで終わり。PriceChangerを導入して本当に良かったと実感しています。

まとめ

PriceChanger導入で売上1.5倍、粗利はそれ以上に!

・価格.comに掲載できる商品が増えた!

・今まで価格更新に手をかけられず売れなかった商品が売れるように!

・導入前の価格更新作業量が半分以下になった!

 

PriceChangerの15日間無料トライアルはこちらから申込みできます。

http://www.price-changer.com/

関連記事

主要ショッピングカート徹底比較17選|コンテンツマーケティングをECへ活用?

すでにECサイトを構築している方、あるいはこれから構築する方も、常に「最適なショッピングカートはどれだろう?」と、頭を悩ませていませんか? …

コンテンツマーケティング成功のための10個のカギ

2016年がはじまり、コンテンツマーケティングにチャレンジする企業がより増えてきました。 しかし、いざコンテンツマーケティングを開始しても、…

ECサイトでコンテンツマーケティングを活用する2つの方法

2015年の経済産業省の発表を見ると、2014年の国内BtoCのEC市場は12.8兆円、前年比14.6%増で推移していることをご存じですか?…

コンテンツマーケティングとは?優良顧客を育てる7つの理由

昨今たいへんな注目を集めているコンテンツマーケティングですが、なかなか成果に反映されずもどかしさを感じている方も多いのではないでしょうか? …

型番商品ネットショップの粗利率を拡大する2つのポイント

家電・PC・カー用品などの型番商品ECサイトでは「粗利最大化」が最大のテーマです。 あなたのショップでも、仕入価格を下げる、在庫回転率を…

ページ上部へ戻る