© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

モールと独自ショップどちらにするか悩んだら


ネットショップ運営で必ず悩むことに、楽天市場AmazonYahoo!ショッピングなどのショッピングモールに出店するか、MakeShopカラーミーショップショップサーブFutureShop2などのショッピングカートASPで独自ショップを構築するかということがあります。今回はこの悩みを解決するヒントとして、モールと独自ショップを比較してみます。

【モールの悩み、独自ショップの悩み】
すでにモールに出店しているショップでは主にこんな悩みを抱えています
・競合が多く商品が埋もれて思うように売れない
・メールアドレスが取得できずリピーターを増やすメールマーケティングができない
・システム利用料がかかるので粗利が減る

一方独自ショップ運営ではこのような悩みがあります。
・集客に時間と費用がかかる
・知名度、信頼性の構築に時間がかかる
・商品ページのメンテナンスに工数がかかる

【モールのメリット、独自ショップのメリット】
■モールのメリット
・集客力がある
楽天市場Amazon.co.jpYahoo!ショッピングなどのモールは、知名度が高くユーザー数が圧倒的。独自の広告は、ほぼ不要で集客できます。

・商品数が豊富
出店社数が多いため掲載商品数が圧倒的。購入者は豊富な品揃えから欲しい商品を選択することができるため購入者の目に止まりやすくなります。

・安心感がある
ショッピングモールは、運営会社の信頼度や知名度が圧倒的。ユーザー・購入者とももに安心して利用できます。

■独自ショップのメリット
・オリジナリティを出しやすい
独自ショップは柔軟にショップをデザインでき、オリジナリティを出しやすいのです。独自の運営方法にあわせたカスタマイズもできるので効率的にショップ運営できます。

・高い収益性
独自ショップのメリットは、何と言ってもシステム利用料がかからないことです。
かかるのは定額の月額利用料だけなので、売上が上がれば上がるほど粗利が増えます。

・固定客が育ち収益が安定
購入者のメールアドレスや、属性、購入履歴等のデータをすべて取得できます。
メルマガやステップメール配信でリピート・定期購入を促進し、固定客を育成しやすく、収益が安定しやすくなります。

独自ショップを構築する際、多くの場合、ショッピングカートASPが用いられます。
ショッピングカートASPはショップ構築を自由にできる反面、どう作ればよいかわからないという方が多いものです。
そういう場合には、デザインや制作をサポートしてくれるサービスがあるショッピングカートを選択するとよいでしょう。
たとえばGMOメイクショップの「MakeShop」には、PC・スマホ対応のショップをリーズナブルな価格で制作できる、エクストラ開店パックが用意されています。

また、知名度を上げ、信頼性を醸成するためには、安全に購入できるシステムの安全性、購入者にショップの特徴を的確に伝え確実に購入してもらえる高い機能、購入者がストレスなく商品を受け取り、また購入したいと思ってもらえるようになる運営ノウハウが必要です。
ショッピングカート運営会社がユーザーの知名度アップと信頼性醸成を重視しているかを見分けるポイントは、ショッピングカート運営会社が重視している指標です。
では、どう見ればいいかというと、ショッピングカートを導入したユーザーが販売した売上額が多いか少ないか。それは、「流通総額」という指標です。
GMOメイクショップの「MakeShop」は、5年連続ショッピングカートの流通総額ナンバーワン。ユーザーの知名度向上と信頼性醸成に力を入れていることがうかがえます。

独自ショップの収益を上げるには、顧客の購入プロセスや購入者データ分析とその結果に基づいた施策が必要です。
購入者がショップにどこから訪れて、どのようなプロセスで購入に至ったか。また、購入頻度や購入額購入商品など購入履歴を分析し、購入者の志向に合わせて適切な商品をオススメする必要があります。
GMOメイクショップには、「メイクリピーター」という「MakeShop」と連携できるAIを活用したメールマーケティングシステムがあります。これを使うと、自動的に購入者データを分析し、購入者それぞれの志向に合ったシナリオを作り、適切なタイミングでオススメメールを送信できるようになり固定客を育成できます。
このようにAIを活用した精度が高いメールマーケティングをリーズナブルな価格で活用できるようになっています。

まとめ
モールにし出店するか、独自ショップを構築するかは、それぞれのメリット・デメリットを考慮し、ショップの運営方針や扱い商品、成長ステージに合わせて選択することがよいでしょう。

最後に主力ショッピングカートASP無料トライアルへのリンクを掲載しておきます。

MakeShop
GMOメイクショップ株式会社
20日間全機能無料トライアル

カラーミーショップ
GMOペパポ株式会社
30日間全機能無料トライアル

●フューチャーショップ2
株式会社フューチャーショップ
2週間トライアルアカウント

●ショップサーブ
株式会社Eストアー
2週間無料トライアル

関連記事

コンテンツマーケティング成功のための10個のカギ

2016年がはじまり、コンテンツマーケティングにチャレンジする企業がより増えてきました。 しかし、いざコンテンツマーケティングを開始しても、…

型番商品ネットショップの粗利率を拡大する2つのポイント

家電・PC・カー用品などの型番商品ECサイトでは「粗利最大化」が最大のテーマです。 あなたのショップでも、仕入価格を下げる、在庫回転率を…

粗利が伸びる価格比較サイトの使い方−後編

利益を伸ばしているショップの価格自動更新システム設定を大公開! 粗利が伸びる価格比較サイトの使い方-前篇に引き続き、価格.comで順調に粗…

売上・粗利1.5倍 価格自動更新システム

ネットショップの売上を大きく左右する価格更新作業。 面倒な価格調査〜自動更新をシステムで自動化し、効率化することが当たり前になりつつある…

粗利が伸びる価格比較サイトの使い方−前編

価格.comなどの価格比較サイトで集客し、自社サイトや楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどのモールで商品を販売されている方の多く…

ページ上部へ戻る