© ECマーケティングジャーナル All rights reserved.

新型コロナウィルス特別支援を実施しているEC関連サービス一覧


新型コロナウィルスの感染拡大防止を目的として緊急事態宣言が発出されました。
国民への外出自粛要請により、ネットショップの利用が増加しています。
多くのネットショップでは、受注拡大に伴い増加している受注管理や発送業務の遅延が発生するなどの影響が出ており、効率化が課題となっています。
さらに、ネットショップ側での新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、極力従業員同士の接触機会を減らす取り組みが不可欠です。

そんな中、一部のネットショップ運営効率化システムや導入支援サービス提供企業、物流企業では、値引きや独自のサービスでネットショップ運営企業を支援する動きが出ています。

この記事では、そうしたネットショップ支援を実施しているEC関連サービス事業者を紹介します。ショップ運営の効率化をお考えの方、ぜひご活用ください。

ショッピングカート

GMOメイクショップ社は、新型コロナウィルス支援対策として、導入初期費用を無料化(実質2ヶ月分無料)・システム開発費用のご相談を実施。
また、MakeShopサポート窓口を時間短縮せず、通常通りの営業時間で運営。

(特徴)
・ 会社概要:株式会社メイクショップ
       設立:2004年9月22日
       資本金:5,000万円
・ 導入実績:22,000店舗
・ 機能数:651
・ 全店総流通額:1,734億円
・ サポート体制:ECアドバイザー、電話サポート、メールサポート
・ 強み:8年連続導入実績、機能数No.1の実績。豊富な導入実績による魅力的なECサイト構築。

料金

プレミアムショッププランMakeShop エンタープライズ
月額費用10,000円50,000円〜
初期費用10,000円100,000円〜
※初期費用無料特典には期限がありますのでご注意ください

無料お試し申し込み先


カラーミーショップ

(具体的なネットショップ支援施策)
カラーミーショップは、支援対策として大きく4つの新型コロナウィルス支援対策を行っています。

1) ご利用料金の支払期限延長措置の実施

一部の都府県を対象とした緊急事態宣言の発令や、現在も各地で感染拡大が続く状況を鑑み、ご利用料金の支払期限延長措置を実施。

対象:カラーミーショップをご契約中のすべてのアカウント
実施条件:アカウントの入金締切日が 2020年4月3日(金) ~ 2020年5月6日(水) に該当する場合
実施内容:アカウントの入金締切日を【2020年6月2日(火)】まで延長

2) 売上金の入金サイクルを早めるサービスを一定期間一部無料でご提供

実店舗や卸など、ネットショップ以外での売上が減少し、資金繰りに窮するショップへの支援策として、カラーミーペイメントのオプションサービス「早期入金サービス」の月額費用と「随時入金サービス」の手数料を一定期間実質無料でご提供。
従来の入金サイクルより早い入金で、キャッシュフローの改善や、販売力・運営力の強化、仕入れ等への迅速な資金投入が可能に。

3)無料動画でのショップ運営支援

ネットショップ運営者さま向けの売上アップ・集客ノウハウをYouTube上で随時発信。オフィス・ご自宅から視聴可能。

4)新規出店時の初期費用無料

ご提供内容
下記期間中に「カラーミーショップ」に申し込み、30日間のお試し期間中に本契約をされた方を対象に、通常3,000円(税抜)の初期費用を無料といたします。
※申込みには期限がありますのでご確認ください
無料お試し申し込み

(特徴)
・会社概要:GMOペパボ株式会社
設立:2003年1月10日
資本金:1億5,967万円
・導入実績:40,000店舗
・サポート体制:電話サポート、メールサポート、運営ノウハウ(公式Webメディア)、オンラインマニュアル。
・強み:あらゆる業態に対応した、高機能で低コストのネットショップの開業・作成サービス。販売手数料がかからず低コスト。ショップデザイン、SNS・ブログ連携、運営スタイルに応じた機能追加ができる。

料金

レギュラーラージ
月額費用3,000円7,223円
初期費用3,000円3,000円

無料お試し申し込みはこちら

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

モールと独自ショップどちらにするか悩んだら

ネットショップ運営で必ず悩むことに、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールに出店するか、MakeShopや…

ECサイトでコンテンツマーケティングを活用する2つの方法

2015年の経済産業省の発表を見ると、2014年の国内BtoCのEC市場は12.8兆円、前年比14.6%増で推移していることをご存じですか?…

これで納得!ECサイト価格調査・価格自動更新ツール比較8選

>2019年 最新 ネットショップ価格自動更新システム徹底比較 ECサイト運営において、価格調査に時間をかけていませんか?さらに…

ネットショップ効率化の秘策おしえます!ECシステム一元管理システム7選

複数の店舗を持つネットショップ運営者にとって、在庫連携、商品ページ編集・登録、受注管理、売上集計、分析といった一連の業務効率化は大きな課題で…

2018年 最新版 メーカー向けネット販売価格調査システム比較

自社製品の値崩れによるブランド価値の低下や、販売店からの価格引き下げ交渉に悩まされるメーカーが増加しています。対策として、一般的に販社への価…

ページ上部へ戻る